三重県 百夜月
自然の源郷と言われるほど自然豊かな三重県熊野市にある百夜月の天然鮎を使った甘露煮や無農薬の梅をご紹介。
MOMOYODUKI

「百夜月」とは


百夜月は三重県にある集落の名です。
あたりは荘厳な山々に囲まれ、透き通った川が流れる美しい所です。
鮎、うなぎ、梅など天然素材が豊富でとても自然に恵まれた場所のため自然の源郷ともよばれています。
三重県にお越しの際はぜひ百夜月の恵みにふれてみてください。

「百夜月」ギャラリー

Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine Photo by Rei Tsugamine
「百夜月」ギャラリー

あるところに百夜月という集落があった。
そこには、光月山紅梅寺という古い寺があり、庭の紅梅は春に大変美しい花を咲かせ、よい香りをあたりに漂わせていた。
寺には美しい尼さんが住んでおり毎日、仏の教えを広めるために修行をしながら静かに暮らしていた。
尼さんはその美しさから、近くの村の若者たちの憧れの的であった。
対岸の村にいた一人の若者も尼さんの姿を一目みて心を奪われてしまった。
彼は尼さんに会いたいがため舟で対岸に渡ることを決心した。
昼間は人目があるため月のない闇夜を待った。やがて夜になり辺りは静寂に包まれ川底をつき刺す棹の音だけが闇の中に響いた。
ちょうど川の中腹までたどり着いたその時、今までなりをひそめていた大きな月が突然顔を出し、辺りが急に明るくなり若者は誰かに見られでもしたら尼さんに迷惑がかかってしまうと考え、あわてて舟をひき返し、家に帰った。
次の夜も、またその次の夜も舟をだした若者だが、月が眩しくどうしても川を渡ることができなかった。
それは、九十九日目のことであった。
そのことを知った若者の母は「あの方は仏様をお守りしている方なのだから、お前が好きになってはいけない人だよ。あのお月様は人間が悪いことをしないよういつも地上を照らしているのさ。だからお前が百夜通っても川を渡ることは出来ないよ。」と諭した。
若者はとても悲しんだ。
「お月様もあの尼さんをお守りしているのか…」
それから、尼さんの住んでいる集落を百夜月と呼ぶようになった。